ピントが動くイメージをしっかり固める!-自覚的屈折検査の基礎④

自覚的屈折検査の基礎
スポンサーリンク

自覚的屈折検査の基礎シリーズ第4弾!!

前回は近視・遠視・乱視の自覚的屈折検査のピントの動きをイメージしました

初めての方は自覚的屈折検査の基礎①から読んでくださいね

近視・遠視・乱視とピントの位置ー自覚的屈折検査の基礎①-
眼科で視力検査をしているけど自覚的屈折検査の意味がよくわからないという超超初心者さんむけ。近視・遠視・乱視と目のピントの位置を解説しています。自覚的屈折検査は目のピントの位置を意識して測ることが大切。まずは近視・遠視・乱視のピントの位置を理...

今回は近視・遠視の矯正をおさらいして、乱視の自覚的屈折検査のピントの動きを練習します。

ざっくりとおさらいでーす。近視・遠視・乱視のピントの位置は?

近視のピントは網膜より手前
遠視のピントの位置は網膜の後ろ
乱視のピントの位置は2つある

オッケー!じゃぁ、検眼レンズはピントをどんな風に動かすことができるでしょう?

 

マイナスの検眼レンズはピントを後ろに動かす
プラスの検眼レンズはピントを前に動かす
マイナスの乱視レンズは前のピントだけを後ろに動かす

よくできましたー!!

少しづつ、ゆっくりとイメージできるようになるのが目標です。

そのうち、何をしてても頭に目の絵とピントのイメージ図が出てくるようになって、自覚的屈折検査のときにイメージ図がパッと頭に浮かぶ瞬間がきたら、最高ですね。

スポンサーリンク

近視・遠視を矯正するときのピントの動き(前回のおらさい)

練習問題をしながら、自覚的屈折検査で近視と遠視のピントのイメージをおさらいします。

近視の自覚的屈折検査のイメージ

S-3.0Dの場合

ピントの位置のイメージ

自覚的屈折検査で網膜に近づけていきたい。

なので、使う検眼レンズはピントを後ろに動かすことができる、マイナスのS面レンズです。

S-2.0D入れると少しピントが網膜に近づく

S-2.5Dを入れるともっと網膜に近づく

S-2.75Dでもう少しで網膜にのりそう!ピントが網膜に近ければ近いほど、患者さんはクッキリ見えてきます。

S-3.0Dでもうまくにのりました!

近視のイメージはわりとシンプルです。

近視の自覚的屈折検査は、網膜のなかにあるピントをマイナスのS面レンズを使って網膜に近づけていくイメージ

遠視の自覚的屈折検査のイメージ

遠視の場合は、網膜の後ろにピントがあります

このままだと、調節力が働いてピントを網膜にのせてしまいます。

調節力は左に向かって働きます。近くを見たり、遠視の人が網膜にピントをのせたいときに使う力です。

調節力が働いてしまうと、自覚的屈折検査で遠視の全部の量を調べることができません。

例えば、S+3.0Dなのに、調節力が働いてS+1.5Dで(1.2)見えると、目の屈折度数はS+1.5Dかな?と検査をする人は勘違いしてしまいます。

遠視の量を少なく測ってしまわないように、遠視の自覚的屈折検査は、ピントを網膜のなかに入れてから網膜に近づけていきます。

遠視の自覚的屈折検査は調節力が働かないように、ピントを一気に網膜のなかに入れてから網膜に近づける

S3.0Dの場合

まずS+4.0Dを入れて網膜のなかにピントを動かす。

遠視の自覚的屈折検査は

この人の遠視の度数は〇Dくらいかな?

そう予想した遠視より大きい度数のS面プラスレンズを使って、ピントを網膜のなかに入れます。

この場合

S+3.0Dかな

と予想しているので、+3.0Dより大きい度数の遠視の検眼レンズを入れると網膜のなかにピントが動きます。

網膜のなかにピントが入ったら、少しづつピントを網膜に近づける=遠視の度数を少なくしていく

S+3.5Dを入れて

S+3.25、S+3.0Dと入れます。S+3.0Dで網膜にピントがのります

おしまい。

S+2.0Dの場合