乱視の矯正方法をイメージ化・コツは雲霧の方法!

Uncategorized
スポンサーリンク

乱視が大きいときの矯正ってむずかしいよね

むりむりー

一応、教えてもらった手順でしてるけど、あってるのかな?っていつも不安に思っちゃう

そんな人、必見!

乱視が大きいときの雲霧方法を図で説明します

乱視矯正のおさらいをしてから、乱視を1回で雲霧するとき、分けて雲霧するときの方法について説明します。基本的なことがわかっている方は、雲霧の方法は2つある、から読んでください。

スポンサーリンク

基本的な乱視矯正のイメージをおさらい

乱視の基本的な矯正方法のイメージをおさらいします。

①乱視がある場合、ピントが合う位置が2つあります。

前(角膜側・この図では左側)のピントの場所を前焦線、後ろ(この図では右側)のピントの位置を後焦線といいます。

近視・遠視、目の度数によってピントの位置は変わります。

詳しくはこちらをみてくださいね

近視・遠視・乱視とピントの位置ー自覚的屈折検査の基礎①-
眼科で視力検査をしているけど自覚的屈折検査の意味がよくわからないという超超初心者さんむけ。近視・遠視・乱視と目のピントの位置を解説しています。自覚的屈折検査は目のピントの位置を意識して測ることが大切。まずは近視・遠視・乱視のピントの位置を理解しよう!

②最初のステップは後ろのピント(後焦線)を網膜の中に入れること

はじめはS面のレンズだけを使って、ピントを網膜の中に入れます。

S面のレンズを使うと、後ろのピント(後焦線)も前のピント(前焦線)も同時に動きます

③次に、前のピント(前焦線)と後ろのピント(後焦線)の間にある最小錯乱円を網膜の上にのせます

黄色の点が最小錯乱円です。

乱視がある人はこの最小錯乱円の部分で見ています。

乱視がある眼をS面だけで矯正して、1番よく見えるレンズを求めたレンズを等価球面値といいます。

初心者さんは最小錯乱円=等価球面値と、まずは覚えても大丈夫です。

教科書を見ると最小錯乱円、等価球面値と全くちがうことのように感じると思いますが、ほぼおなじニュアンスです。

前のピント(前焦線)と後ろのピント(後焦線)の真ん中が最小錯乱円。レンズで矯正したら等価球面値と呼ぶ。

④後ろのピント(後焦線)をもう1度網膜の中に入れます

これを雲霧(うんむ)といいます

これで、ようやく乱視を測る下準備が完成です!

「雲霧(うんむ)」という言葉はよく使うので、覚えておくと便利です。

⑤乱視のレンズ(C面レンズ)を使って、前のピント(前焦線)だけを動かします。

↑乱視のレンズはレンズに印が入っているレンズのことです。

マイナスの乱視のレンズは前のピント(前焦線)の位置を後ろ(この図では右方向)動かすことができるよ。

乱視のレンズを使って、前のピント(前焦線)を後ろのピント(後焦線)に重ねます

⑦実際の視力検査では、想像通りに測れているはどうかわからないので、もう1度、0.5D雲霧して乱視量が正しいか確かめます。

⑧雲霧したあと、もう1度網膜にピントをのせて、視力検査が終了!

これが乱視矯正のピントのイメージです。イメージできるようになるまで、がんばろう!