乱視の矯正方法をイメージ化・コツは雲霧の方法!

Uncategorized

乱視が大きいときの矯正ってむずかしいよね

むりむりー

一応、教えてもらった手順でしてるけど、あってるのかな?っていつも不安に思っちゃう

そんな人、必見!

乱視が大きいときの雲霧方法を図で説明します

乱視矯正のおさらいをしてから、乱視を1回で雲霧するとき、分けて雲霧するときの方法について説明します。基本的なことがわかっている方は、雲霧の方法は2つある、から読んでください。

スポンサーリンク

基本的な乱視矯正のイメージをおさらい

乱視の基本的な矯正方法のイメージをおさらいします。

①乱視がある場合、ピントが合う位置が2つあります。

前(角膜側・この図では左側)のピントの場所を前焦線、後ろ(この図では右側)のピントの位置を後焦線といいます。

近視・遠視、目の度数によってピントの位置は変わります。

詳しくはこちらをみてくださいね

近視・遠視・乱視とピントの位置ー自覚的屈折検査の基礎①-
眼科で視力検査をしているけど自覚的屈折検査の意味がよくわからないという超超初心者さんむけ。近視・遠視・乱視と目のピントの位置を解説しています。自覚的屈折検査は目のピントの位置を意識して測ることが大切。まずは近視・遠視・乱視のピントの位置を理解しよう!

②最初のステップは後ろのピント(後焦線)を網膜の中に入れること

はじめはS面のレンズだけを使って、ピントを網膜の中に入れます。

S面のレンズを使うと、後ろのピント(後焦線)も前のピント(前焦線)も同時に動きます

③次に、前のピント(前焦線)と後ろのピント(後焦線)の間にある最小錯乱円を網膜の上にのせます

黄色の点が最小錯乱円です。

乱視がある人はこの最小錯乱円の部分で見ています。

乱視がある眼をS面だけで矯正して、1番よく見えるレンズを求めたレンズを等価球面値といいます。

初心者さんは最小錯乱円=等価球面値と、まずは覚えても大丈夫です。

教科書を見ると最小錯乱円、等価球面値と全くちがうことのように感じると思いますが、ほぼおなじニュアンスです。

前のピント(前焦線)と後ろのピント(後焦線)の真ん中が最小錯乱円。レンズで矯正したら等価球面値と呼ぶ。

④後ろのピント(後焦線)をもう1度網膜の中に入れます

これを雲霧(うんむ)といいます

これで、ようやく乱視を測る下準備が完成です!

「雲霧(うんむ)」という言葉はよく使うので、覚えておくと便利です。

⑤乱視のレンズ(C面レンズ)を使って、前のピント(前焦線)だけを動かします。

↑乱視のレンズはレンズに印が入っているレンズのことです。

マイナスの乱視のレンズは前のピント(前焦線)の位置を後ろ(この図では右方向)動かすことができるよ。

乱視のレンズを使って、前のピント(前焦線)を後ろのピント(後焦線)に重ねます

⑦実際の視力検査では、想像通りに測れているはどうかわからないので、もう1度、0.5D雲霧して乱視量が正しいか確かめます。

⑧雲霧したあと、もう1度網膜にピントをのせて、視力検査が終了!

これが乱視矯正のピントのイメージです。イメージできるようになるまで、がんばろう!

乱視矯正の基本イメージ-自覚的屈折検査の基礎⑤
自覚的屈折検査の基礎シリーズ第5弾! 近視のピントの位置は網膜の手前。遠視は網膜の後ろで、乱視はピントが2つあって、2つのピントを1つにするためにマイナスの乱視のレンズを使うんでしょ? この考えが視力...
スポンサーリンク

雲霧の方法は2つある

実際の度数で考えてみましょう。

雲霧の方法は2つあります

乱視を全量、一度に雲霧

乱視が少ないときには、この方法で乱視を矯正します。

先ほどの手順で、実際の度数を使ってイメージしてみましょう。

S-1.0D:C-1.5DAx180°

①まずは、度数からピントの位置をイメージします

近視なので、前のピント(前焦線)も後ろのピント(後焦線)もすでに網膜の中に入っている状態です。

②最小錯乱円を網膜にのせます

前のピント(前焦線)と後ろのピント(後焦線)の間にある最小錯乱円を網膜にのせます

最小錯乱円が網膜にのったときのS面の度数が等価球面値です

この場合、等価球面値はS-1.75Dです。

詳しくは「等価球面値シリーズ」を参考にしてください。

最小錯乱円が大きなポイント!-等価球面を極める①
眼科でよく使う等価球面という言葉。乱視度数を調整するときに使います。等価球面する方法は知ってるけどイメージできない。計算苦手という人。最小錯乱円のイメージから等価球面を理解する方法を説明してるサイトです。超初診者さん向けサイトです。

③S面を1.0Dプラス方向に動かして、網膜の中に後ろのピントを入れます。

④乱視のレンズを使って、前のピント(前焦線)を後ろのピント(後焦線)に重ねます

C-1.5Dの乱視レンズを使えば、前のピント(前焦線)と後ろのピント(後焦線)が重なります。

⑤いい感じ。

⑥乱視を1.75D入れると前のピント(前焦線)が後ろのピント(後焦線)よりうしろにきます。

前焦線が網膜に近くなるので、乱視表の見え方は逆転します。

実際の視力検査のときは、乱視矯正があっているか確かめるために、もう1度0.5D雲霧します(S面をプラスに動かす)。もう1度雲霧しても、濃さが同じようにぼやけたら、乱視検査は終了

⑥視力表をつかって、S面を矯正して、完成!

後ろのピント(後焦線)が網膜から出ずに、ピントが動いていることがポイントです

乱視を分けて雲霧する方法

次は乱視を分けて雲霧する方法です。

乱視が多い場合に、この方法を使う場合が多いです。

S-1.0D:C-3.0DAx180°で考えます。

①度数のイメージ

②最小錯乱円を網膜にもってきます

最小錯乱円を網膜にのせると、等価球面値はS-2.5Dです。

1回で後ろのピントを網膜の中に入れるには、S面を1.5Dより大きくプラスに動かさないといけません。

これだと雲霧しすぎて(最小錯乱円が網膜より離れすぎて)患者さんが乱視表を見ても、うまく答えることができません。

ぼやけてなんも見えない…

そこで、雲霧を1回でせず、分けることにします。

③最小錯乱円のイメージを確認。

網膜の後ろ(右側)から1.5D離れた場所に後ろのピント(後焦線)網膜より前(左側)から1.5D離れた場所に前のピント(前焦線)があります。

④そこからS+1.0D雲霧します。

S+1.0D雲霧すると、ピントは全体的に左に動きます。

乱視表の検査は、網膜に近いピントが濃く見えます

この場合だと、後ろのピント(後焦線)が網膜の近くにあるので、「縦が濃い」ですね。

※軸は180°です。軸の説明は今回のお話と関係がないので省略します。

⑤そこから乱視を入れます。

乱視のレンズを入れると、前のピント(前焦線)だけが網膜の方に動きます

まだ後ろのピントの方が網膜に近いので「縦が濃い」

C-2.0Dまで入れると、前のピント(前焦線)と後ろのピント(後焦線)の網膜までの距離が同じになります。

最小錯乱円が網膜にのっている状態なので、「濃さは同じ」になる
このまま乱視度数を増やすとどうなるか、見てみましょう。

C-2.5D入れます。

前焦線が網膜にのってしまって「横が濃い」となります。

えっと・・・

本当の乱視はC-3.0Dなので、本当の乱視より少ない乱視で逆転したように思えてしまう

または、最小錯乱円が網膜の後ろになってしまうので、調節力が働いて、ヒョイと網膜にピントが戻ってきてしまうこともあります。

乱視の答えは、中和したまま…

・・・。

よくわからない状態になって、検査をしている人は混乱します。

この場合、C-2.0Dを入れる前に、もう一度雲霧をすると解決します。

C-1.75Dを入れて、そのあともう一度雲霧します。最小錯乱円が網膜にのるまえに雲霧するイメージです。

もう1度雲霧して、後ろのピント(後焦線)を網膜の中に入れます。

私の場合は、0.5D刻みでC面を動かして動かすので、雲霧と同時にC面もC-2.0Dに変えます。

前のピント(前焦線)も後ろのピント(後焦線)も網膜の中に入りました。

そこからさらに乱視度数をふやします。

C-3.0Dで後焦線と前焦線が重なります

中和したよ

C-3.25D入れたら、前焦線が後焦線を通り越して、網膜の上にきます。

逆転です。前のピント(前焦線)が網膜にのるので、「縦が濃い」から「横が濃い」に変わります。

全量の3.0D測れました。

⑥最後にもう一度雲霧して、自分が出した乱視が正しいか確認します

最後にする雲霧の意味:雲霧量が足りていたかチェックするため
もし雲霧量が十分でなかったら、先ほど出したこの図のようになっています。

一見、中和したかのような答えが患者さんからは返ってきます。

でも、この状態は本当の中和ではなく「雲霧量が足りていないから中和したような答えになっているだけ」なので、雲霧すればまた濃いところが出てきます。

最後にもう1度雲霧することで、雲霧量が適切であってたかチェックすることができます。

スポンサーリンク

乱視を分ける目安はC-2.0D以上

方法はわかったけど、どのくらいの乱視を「多い」というの?

 

どのくらいの乱視から、雲霧を分けてした方がいいの?

私の場合、C-2.0D以上が1つの基準です。

私の病院では乱視は0.5Dステップで上げていって、逆転したら0.25Dもどるという方法を採用しています。

なので、C-1.5Dまでの乱視を想像するなら、雲霧は1回だけです。

最小錯乱円の位置を探したら、一気に後ろのピント(後焦線)を網膜の中に入れます。

C-2.0D以上の乱視の場合は、C-2.0Dに入れ替えるタイミングでS面を+0.5D増やしています。

2回目の雲霧は0.5Dします。2回目の雲霧のあとは、追加のC面は、雲霧量(0.5D)の倍量の1.0上げたところで、またS面を上げます。

難しいけど、視力矯正しながら、ピントの位置をイメージするようにしてみましょう。

後焦線、前焦線のイメージが浮かぶまでイメージトレーニングをして定着させよう

理屈が理解できたら、あとはイメージトレーニングです。

何回も度数とレンズを想像してみましょう。

先ほどの例題のように、はじめの雲霧を1.0Dで考えてみましょう。

あくまで想定です。実際の度数は、視力検査が終わっていないとわからないから。

私の場合は、乱視(C面)はC-1.5まで入れて、C-2.0Dを入れるときにS面も増やします。

乱視を測るときは0.5づつ増やして、逆転したら0.25D戻るという方法を採用しているからです。

C-2.00D 縦が濃い
C-2.50D 横が濃い←逆転
C-2.25D 中和←決定

1例ですが、こんな感じです。

いくつか例題をしてイメージトレーニングを一緒にしてみましょう

S-2.0D:C-2.5DAx180°

①度数からピントの位置をイメージします

②最小錯乱円を求めて

②雲霧したいけど、乱視がC-2.5Dと大きいので、まずは1.0D雲霧します。

C-1.75Dまでなら、図のように、最小錯乱円は網膜のほんの少し手前です。

④C-2.0Dを入れるときに、もう1度0.5D雲霧します。

⑤C-2.5Dを入れたら中和

⑥C-2.75Dを入れたら逆転です

⑥最後に、もう1度雲霧します

中和→逆転したら、中和した乱視のレンズを採用します。

雲霧が足りていれば、前焦線と後焦線が重なっているので、重なったままピントが網膜から離れます。

患者さんの見え方は、「全体的にぼんやりなるけど、濃さは同じ」です。

⑨S面レンズを微調整して完成!

S+1.0D:C-2.0DAx180°

①度数からピントの位置をイメージします。

偶然ですが、網膜に最小錯乱円があります。

②この場合も後焦線を網膜の中に入れて、マイナスのS面レンズで最小錯乱円を網膜にのせます。

そこから、乱視を測りはじめます。①の状態になります。

②乱視がC-2.0Dで大きいので、1度に雲霧はムリだなとイメージします。

1回目、1.0D雲霧したとします。

③入れることができる乱視の量は雲霧した量の2倍までです。

雲霧した量1.0Dの2倍→C-2.0DでギリギリOKか、C-2.0Dを入れると同時にS面を増やす。
C-2.0Dまで入れると、理屈的には網膜にピッタリのっている状態です。
※補足※
説明があやふやになってしまうのですが、乱視矯正をする前は、患者さんの見え方もぼんやりしています。ここが最小錯乱円かな、と思っても網膜より少し手前の場所を測っている場合が多いです。
検査員のクセもあるので、自分が慎重派でゆるめのパワーを採用しやすいな、と思ったらピントは網膜の手前に合わせやすい傾向があります。1.0D雲霧した場合は、C-2.0Dまで入れて、C-2.5Dを入れるタイミングでS面を+0.5D増やすといいと思います。
反対に、自分は割といつも視力が出にくいときとか、少し強めに入れてしまうな、と思うのであれば、C-2.0Dに入れ替えるタイミングでS面を0.5D増やしましょう。
微調整の部分になってくるので、いろいろ試して自分のクセを知っておくといいと思います。
視力検査のピントのイメージまとめ―自覚的屈折検査の基礎⑥
自覚的屈折検査の基礎、まとめ。①~⑤をまとめました。視力検査のときのピントの動きをイメージ化。眼科検査の超初心者さん向けサイト。

↑視力検査のピントは実際は網膜の少し手前、という話を書いています。迷ったらプラスよりのレンズを採用するのが正しい方法です。

④C-2.0D入れるタイミングでS面を0.5Dか増やすと、ピントはまた網膜の中に入ります。

⑤乱視のレンズをC-2.0Dにすると中和して、C-2.25Dにすると逆転します。

⑦中和レンズを採用します。

⑧念のため、雲霧が足りているか、確認します。

雲霧が足りていれば、前焦線と後焦線が重なっていて、重なったピントが網膜から離れます。

見え方は、「全体的にぼんやりなるけど、濃さは同じ」です。

⑨S面レンズを微調整して完成!

イメージトレーニング、うまくいきましたか?

まとめ

乱視の矯正をするときは、ピントの位置を意識することが大切です。

  • 大きい乱視(目安はC-2.0D以上)は雲霧を分けて行う
  • 分けるときは、ピントの位置を意識する
  • 前焦線・最小錯乱円・後焦線の位置をイメージできるように頑張る
  • 後焦線・最小錯乱円が網膜より後ろにあると、乱視矯正がうまくできない
  • 患者さんの答えがおかしいな?と思ったら、雲霧量が正しいかチェックする

乱視矯正はいつまでたっても、悩みの種で、不安だらけの検査です。

視力検査はほかの検査の基礎になる部分なので、少しでも「なるほど」と思ってもらえたらうれしいです。

followお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました