等価球面をイメージする・レベルアップ編-等価球面を極める③

等価球面を極める

このサイトは眼科検査初診者さん応援サイトです

眼科で働くことになったから、参考書を読んだけど、難しくてわからない・・・

これを覚えないと視力検査ができないんじゃ、わたしにはムリ…

そんな方向けに、教科書とすこし方法は違うけど、できるだけわかりやすく目の検査のことを説明していこうと思っています。

専門の参考書が理解できるレベルの人は、参考書やテキストを活用して検査をすることをおススメします。

時間がある人は、ぜひ等価球面を極めるシリーズ①から読んでくださいね

最小錯乱円が大きなポイント!-等価球面を極める①
眼科でよく使う等価球面という言葉。乱視度数を調整するときに使います。等価球面する方法は知ってるけどイメージできない。計算苦手という人。最小錯乱円のイメージから等価球面を理解する方法を説明してるサイトです。超初診者さん向けサイトです。

自覚的屈折検査の基礎シリーズもおすすめです。

近視・遠視・乱視とピントの位置ー自覚的屈折検査の基礎①-
眼科で視力検査をしているけど自覚的屈折検査の意味がよくわからないという超超初心者さんむけ。近視・遠視・乱視と目のピントの位置を解説しています。自覚的屈折検査は目のピントの位置を意識して測ることが大切。まずは近視・遠視・乱視のピントの位置を理解しよう!
スポンサーリンク
followしてね
hatenaをフォローしよう!お知らせが届きます

最小錯乱円を意識して乱視を等価球面する方法のおさらい

前回は乱視を乱視度数を変えて等価球面するとき、1度最小錯乱円を考えてから等価球面する方法を紹介しました。

等価球面=最小錯乱円の位置が同じレンズ
これがポイントです。
実際の度数で考えてみます。
S-1.0D:C-2.0DAx90°の場合
目の度数のイメージはこうです
最小錯乱円は前のピントと後ろのピントの真ん中なのでS-2.0Dです
S-1.0D:C-2.0DAx90°の乱視を1.0Dに変えたい場合、まず最小錯乱円の位置をイメージして
そこから、変えたい乱視度数の幅に、前のピントと後ろのピントの幅を広げる。
乱視はC-1.0Dにしたいので、0.5Dづつ前と後ろにピントを動かします。
度数のイメージはこうなります。
S-1.0D:C-2.0 DAx90°の乱視を1.0Dに変えると、S-1.5D:C-1.0 DAx90°になります。
ほんとうに最小錯乱円が同じかチェックします。
S-1.0 D:C-2.0D Ax90°の最小錯乱円はS-2.0Dで
S-1.5 D:C-1.0 DAx90°の最小錯乱円もS-2.0D
最小錯乱円の位置が同じですね。
この2つの度数をS面だけで等価球面したとき、同じ度数になります。
等価球面はS面で矯正したときに同じ度数になるレンズ
なので
S-1.0D:C-2.0 DAx90°はS-1.5D:C-1.0DAx90°に変えることができます
スポンサーリンク

等価球面は乱視を少なくするのが基本

等価球面はわかってきたんだけど、等価球面するときって、乱視を少なくしたらいいの?それとも増やしてもいいの?

等価球面がS面で矯正したときに同じ度数になるレンズだとわかってきたら、乱視を少なくして等価球面したらいいのか、乱視を大きくして等価球面したらいいのか、なんとなく疑問が出てくると思います。

正しい目の度数がわかったあと、視野検査やメガネ処方をするときは、乱視は少なくして等価球面するのが基本
目の度数を調べている途中のときは例外ですが、目の度数がわかってから、ハンフリーやメガネ合わせのときに等価球面するときは、乱視を少なくして等価球面します。

たとえば

S-2.0Dの目の人に、最小錯乱円の場所が同じだからといって、S-1.0D:C-2.0DAX90°を入れたら、見え方はどうなると思う?

そりゃ、乱視がない人に乱視のレンズを入れたら見にくくなるでしょ。

そうです。

乱視がない人に、等価球面で同じ度数になる乱視のレンズを入れたら、見にくくなります。

極端な例を紹介します。
  • S-1.0D:C-2.0 DAx90°の人にS-2.0Dを入れて等価球面しても大丈夫
  • S-2.0Dの人にS-1.0D:C-2.0 DAx90°を入れて等価球面しようとするのはダメ
乱視を等価球面するときは、基本的には乱視の幅を狭くして同じ最小錯乱円のレンズをさがすイメージです。
乱視の度数を減らして等価球面するのが基本

眼鏡処方のときは乱視度数を減らして調整する!というイメージがしやすいと思います。

眼鏡処方のときに乱視を調整するときは

乱視が大きいから、乱視を減らして処方したい!

そんな気持ちのときに等価球面を使うから、乱視度数は減らすイメージでしっくりきます。

でも、視野検査になると

乱視を増やして等価球面したらダメ?

そう思ってしまう場合があります。

私の病院の検眼レンズが、プラスもマイナスも6.0Dまでは0.25ステップだけど、6.0Dから0.5Dステップになって、9.0Dより大きい度数は1.0D刻みになっていることが原因だと思います。

この話は、後日に説明する予定です。

自覚的屈折検査で正しく測れた乱視は、減らして等価球面してもいいけど、増やすと見にくくなるからダメ

まずは乱視の幅を狭くして等価球面することが基本で、その方法をしっかりイメージできるようになることを目標にします。

がんばろー!

スポンサーリンク

1回で等価球面する方法を使って、実際の度数で考える

1度最小錯乱円を考えてから等価球面する方法はわかったので、次に、1回で等価球面する方法を考えます。

自覚的屈折検査で正しく測れている度数を等価球面するとき、乱視度数は減らして考える
乱視度数を少なくして等価球面するときの基本イメージを紹介します。
はじめのピントの位置のイメージはこうですね。水色の部分が乱視の度数です。
乱視の度数を減らして等価球面するので、水色に塗っている乱視の幅を狭くしてピントを動かすことができます。
前のピントと後ろのピントを同じ度数分、最小錯乱円に向かって動かすと、最小錯乱円の位置はそのままで、乱視の度数を減らすことができます。
この方法だと、1度最小錯乱円の位置を考えるというステップを省いて、いきなり乱視を少なくすることができます。
最小錯乱円の位置はそのままで、前のピントと後ろのピントを同じ度数、最小錯乱円に近づけると、乱視を少なくして等価球面することができる

実際の度数でイメージする

乱視度数を調整して、等価球面するイメージがわいてきたら、実際の度数でピントがどう動くのか考えてみましょう。

S-1.0D:C-2.0DAx90°のイメージ

最小錯乱円の場所はそのままで、乱視の度数をC-2.0DからC-1.0Dにしたいときは、後ろのピントと前のピントを最小錯乱円に近づけます。

ピントの位置はどれくらい動かすといいでしょう?

C-2.0DをC-1.0Dにしたいので、乱視の差は1.0D。

前のピントと後ろのピントを同じ度数、最小錯乱円に近づけるから・・・。

そうです。

0.5Dづつ最小錯乱円に近づけます。

前のピントを0.5D、後ろのピントを0.5D最小錯乱円に近づけると、2.0Dあった乱視の幅は1.0Dになります。

C-1.0 Dにしたときのピント位置のイメージ度数はこれです。

S-1.0D:C-2.0 DAx90°をC-1.0Dで等価球面すると、S-1.5D:C-1.0DAX90°

おしまい。

もう1度おさらいしますー

S-1.0D:C-2.0Dのイメージはこうです。

乱視をC-1.0 Dにしたいので、水色部分の乱視の幅を少なくしたい。

どれくらい少なくするかというと、はじめの乱視度数(C-2.0D)と変えたい乱視度数(C-1.0D)の差の1.0D水色の幅を狭くしたい。

なので、1.0Dの半分の度数の0.5Dを、それぞれ前のピントと後ろのピントから動かして最小錯乱円に近づけます。

すると、ピントがこうなる。

ここで、計算があっているか確認します。

確認方法は・・・そう、S面での等価球面を考えます。

  • S-1.0D:C-2.0DAx90°のS面の等価球面はS-2.0D
  • S-1.5D:C-1.0DAx90°のS面の等価球面はS-2.0D

S面で等価球面したら同じ度数になるので

S-1.0D:C-2.0DAx90°は
S-1.5D:C-1.0DAx90°に
等価球面することができます。

ほんとによく使う等価球面

乱視を減らして等価球面する方法を、2回も書きました。

理由は、この等価球面はほんとに実際によく使う方法なんです。

ピントのイメージ、できたかな。

ぜひ!できるようになってほしい!

そのためには

度数をみて計算できるようになることも大切だけど、もっと基本の、ピント位置のイメージができている方が理解しやすいよなぁーと考えてます。

S面だけでの等価球面がややこしかった人は等価球面シリーズ①から見てくださいね。

最小錯乱円が大きなポイント!-等価球面を極める①
眼科でよく使う等価球面という言葉。乱視度数を調整するときに使います。等価球面する方法は知ってるけどイメージできない。計算苦手という人。最小錯乱円のイメージから等価球面を理解する方法を説明してるサイトです。超初診者さん向けサイトです。

練習問題でイメージを固める

何問か練習問題をして、イメージを固めます。

S-0.5D:C-4.0DAx90°をC-2.0 Dにしたいとき。

はじめの度数のイメージ

乱視をC-2.0 Dにするため、前のピントと後ろのピントを最小錯乱円に近づけます。

乱視の幅を4.0Dから2.0Dにしたい。乱視を2.0D減らしたい。

なので、1.0Dづつ、前のピントと後ろのピントを最小錯乱円に近づけます。

度数を入れて考えるとこうなります。

S-0.5D:C-4.0DAx90°をC-2.0 Dで等価球面すると、S-1.5D:C-2.0DAx90°

最小錯乱円の位置を考えて、合ってるか確認しましょう。

最小錯乱円の位置=S面だけで等価球面した度数です。

S-0.5D:C-4.0DAx90°の最小錯乱円の位置は、乱視の半分量の2.0Dを

後ろのピントのS-0.5Dに加えてピントを左に動かした場所です。

ピントが左に動くと近視の度数は大きくなる

なので最小錯乱円の位置は、S-0.5Dに2.0Dを足してS-2.5D

同じように考えて

S-1.5D:C-2.0DAx90°のS面の等価球面は、C-2.0Dの半分量の1.0DをS-1.5Dに加える。

最小錯乱円の位置は、S-2.5Dです。

どちらも最小錯乱円の位置がS-2.5Dになるので、

S-0.5D:C-4.0DAx90はS-1.5D:C-2.0 DAx90°にすることができます。

計算のコツは等価球面値を極めるシリーズ②を見てくださいね

乱視を変えて等価球面する・初級編-等価球面を極める②
等価球面をイメージで理解する方法を説明します。等価球面初級編として、最小錯円を意識して乱視の度数を変える方法をイメージ化しました。眼科検査、超初診者さん向けサイト。
S+3.0D:C-2.0 DAx90°をC-1.0Dにしたいとき。

はじめの度数イメージ

乱視の幅を2.0Dから1.0Dにしたいので、半分の0.5Dづつを最小錯乱円の方向に動かす。

度数を入れて考えるとこのイメージ

S+3.0D:C-2.0 DAx90°をC-1.0Dで等価球面したいときは、S+2.5D:C-1.0DAx90°にする。

最小錯乱円の位置を考えて、合っているか確認しましょう。

S+3.0D:C-2.0DAx90°の最小錯乱円は乱視の半分の1.0DをS+3.0Dに加えて、S+3.0Dのピントの位置を左に動かします。S+3.0Dのピントが左に動くので、遠視の量は少なくなります。

なので、S+3.0D:C-2.0DAx90°の最小錯乱円はS+2.0D。

同じように考えて、S+2.5D:C-1.0DAx90°の最小錯乱円はC-1.0 Dの半分の0.5DをS+2.5Dに加える。加えると、遠視の度数が減るので、最小錯乱円の位置はS+2.0D。

どちらもS+2.0Dになるので、等価球面しても大丈夫。

S-1.0D:C-3.5DAx90°をC-1.5Dにしたいとき。

度数のイメージ

乱視をC-3.5Dから1.5Dにしたい。

2.0D乱視を減らしたい。

前のピントと後ろのピントを減らしたい乱視(2.0D)の半分づつ、最小錯乱円に近づける。

2.0Dの半分なので1.0Dづつ最小錯乱円に近づけます。

度数の変化のイメージはこうです。

S-1.0D:C-3.5DAx90°をC-1.5Dで等価球面すると、S-2.0D:C-1.5DAx90°になります。

確認しましょう。

S-1.0D:C-3.5 DAx90°の最小錯乱円を考えます。3.5Dの半分の乱視は1.75Dなので、1.75DをS-1.0Dに足します。

S-1.0Dの1.75D分ピントを左に動かすので、最小錯乱円の位置はS-2.75D

S-2.0D:C-1.5DAx90°の場合、乱視の半分量は0.75D。

S-2.0Dのピントを0.75D左に動かすので、最小錯乱円の位置はS-2.75D

どちらもS-2.75Dなので、等価球面できます。

S+1.0D:C-4.0DAx90°をC-2.0Dにしたいとき。

度数のイメージ

等価球面で乱視をC-4.0DからC-2.0Dに変えたいので、1.0Dづつ後ろのピントと前のピントを最小錯乱円に向かって動かします。

動かしたい乱視の半分量を、前のピントと後ろのピントを動かすので、動かす量はC-1.0Dづつ最小錯乱円に向かって動かします。

動かした後のピントのイメージはこうなります。

S+1.0D:C-4.0DAx90°をC-2.0DにしたいときはS±0.0D:C-2.0DAx90°

最小錯乱円で確認します。

S+1.0D:C-4.0DAx90°の最小錯乱円は後ろのピントであるS+1.0Dから乱視の半分の2.0D動かした度数なので、S-1.0D

S±0.0D:C-2.0DAx90°の最小錯乱円は後ろのピントのS±0.0Dに乱視の半分の1.0D動かした場所にあるので、S-1.0D

最小錯乱円が同じなので、あってます。

S+3.0D:C-3.0DAx90°をC-1.5Dにしたいとき。

S+3.0D:C-3.0DAx90°の度数イメージはこうです。

等価球面で乱視をC-3.0DからC-1.5Dに変えたいので、0.75Dづつ後ろのピントと前のピントを最小錯乱円に向かって動かします。

動かした後のピントのイメージはこうなります。

S+2.25D:C-1.5DAX90°です。

S+3.0D:C-3.0DAx90°をC-1.5DにしたいときはS+2.25D:C-1.5DAX90°

等価球面を練習している間は、S面だけで等価球面する度数とあっているか答え合わせするようにしましょう。

この度数の場合…

S+3.0D:C-3.0DAx90°は乱視が3.0D。乱視の半分は1.5D。

後ろのピントであるS+3.0Dに1.5D動かしたところが最小錯乱円なので、最小錯乱円の位置はS+1.5Dです。

S+2.25D:C-1.5DAX90°の乱視の半量は0.75D。

S+2.25Dから0.75D動かすと、S+1.5Dです。

どちらの度数も、最小錯乱円の位置がS+1.5Dで同じなので、あってますね。

S+1.0D:C-2.0DAx90°をC面を0にしたいとき。

C面をゼロにしたいときも同じイメージです。

前のピントと後ろのピントがだんだん近づいて、一緒になったところが最小錯乱円です。

前のピントと後ろのピントを最小錯乱円に近づける。

近づける量は、乱視の半分量です。

乱視が2.0Dあるので、1.0Dづつ最小錯乱円に動かすと、乱視がゼロ=最小錯乱円にピントがあいます。

等価球面するときは、前のピントと後ろのピントを変えたい乱視の量の半分づつ最小錯乱円に向かって動かす

このイメージでがんばりましょう

まとめ

今日のポイント

・等価球面を1回でできるイメージがでてきた。
次回の予定
・計算のコツを使ってイメージしながら等価球面が計算できるように練習する

ちょっとづつ、なんかつながってきたー!

そう感じたら、続きをよんでくださいね。

LINE、Instagram、Twitterしてますので、フォローしてくれたら嬉しいです。

followお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました