自覚的屈折検査の基礎

視力検査のピントのイメージまとめ―自覚的屈折検査の基礎⑥

自覚的屈折検査の基礎、まとめ。①~⑤をまとめました。視力検査のときのピントの動きをイメージ化。眼科検査の超初心者さん向けサイト。
自覚的屈折検査の基礎

乱視矯正の基本イメージ-自覚的屈折検査の基礎⑤

眼科で測る視力検査。自覚的屈折検査の乱視矯正の方法とイメージを紹介します。自覚的屈折検査の基礎シリーズpart5。ピントの位置がイメージできたら実践してみましょう。視力検査、超初心者さん応援します。
自覚的屈折検査の基礎

ピントが動くイメージをしっかり固める!-自覚的屈折検査の基礎④

自覚的屈折検査をするとき、近視・遠視・乱視のピントが動くイメージをしっかり想像できるようになりたい人必見。ピントの動きをイメージ化で解説。超初心者さんむけ。自覚的屈折検査の基礎シリーズpart4。
自覚的屈折検査の基礎

近視・遠視・乱視の矯正でピントが動くイメージ-自覚的屈折検査の基礎③

自覚的屈折検査をするとき、近視・遠視・乱視のピントがどう動くのかをイメージ化で解説。超初心者さんむけ。自覚的屈折検査の基礎シリーズpart3。
自覚的屈折検査の基礎

乱視のピントの位置と最小錯乱円ー自覚的屈折検査の基礎②-

乱視とピントの位置をイメージして、最小錯乱円もイメージしてみよう。教科書の内容とはすこし違いますが、もっともっと簡単にして乱視のピントの位置と最小錯乱円の位置をイメージ化してみました。自覚的屈折検査に基礎シリーズpart2。
自覚的屈折検査の基礎

近視・遠視・乱視とピントの位置ー自覚的屈折検査の基礎①-

眼科で視力検査をしているけど自覚的屈折検査の意味がよくわからないという超超初心者さんむけ。近視・遠視・乱視と目のピントの位置を解説しています。自覚的屈折検査は目のピントの位置を意識して測ることが大切。まずは近視・遠視・乱視のピントの位置を理解しよう!
視力検査

裸眼視力と矯正度数の関係を考える

裸眼視力0.1の人の度数は近視度数ならS-3.0Dが目安です。でも、同じ度数でも裸眼視力は違います。裸眼視力と近視度数の関係を頭に入れて、視力検査に役立てる方法をまとめました。
視力検査

0.1以下の視力を測る方法

0.1が見えないとき、5mの位置から患者さんに近づて測る?患者さんの前から遠ざかって測る?視力は「見える」ところから「見えない」ところに測るのが基本です。0.1以下の視力を測るのに欠かせない字ひとつ視力表の使い方もマスターしよう!
小さい子供・斜視弱視

サイプレジン点眼の実際の使い方

サイプレジンは調節麻痺剤として眼科で使う目薬。小さい子どもに使うことが多い目薬。サイプレジンはどんな目薬か、実際の使い方、説明の方法についてまとめました。
その他の目の検査

ノンコンで高い眼圧を測る方法

眼科で毎日使うノンコン。眼圧を測る器械です。眼圧が高いときは、ボタンを押して切り替えるだけで60mmhgまでの高い眼圧も測ることができます。切り替えボタンを知らない人は試してくださいね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました