乱視を変えて等価球面する・初級編-等価球面を極める②

等価球面を極める

等価球面シリーズ第2弾!眼科検査の超初心者さん応援してるサイトの管理者はてなです。

眼科で視力検査の話をしているときの会話

S-2.0D:C-1.0DAx90°って何DのS面と同じだと思うー?

はいはーい。わかる!最小錯乱円の場所だよね。半分の乱視をS面に足して・・・。足すと、近視は度数が強くなるから、わかった!S-2.5D!

せいかい!よくできました!

じゃぁ、S-2.0D:C-3.0DAx90°は何DのS面と同じ?

おんなじように考えて、えーっと、乱視の半分の量をS面に足すとS-3.5D?

そうそう。すごいやん。だんだんできるようになってきたね!じゃぁ、乱視を全部なくしてしまうんじゃなくて、乱視の度数を変えたいだけってときもあるよね

C-3.0DをC-1.0Dにしたいときはどうする?

・・・

今日は乱視を全部等価球面するのではなく、乱視度数を調整して等価球面する話です。

等価球面①をまだの人は、①から読んでね

最小錯乱円が大きなポイント!-等価球面を極める①
眼科でよく使う等価球面という言葉。乱視度数を調整するときに使います。等価球面する方法は知ってるけどイメージできない。計算苦手という人。最小錯乱円のイメージから等価球面を理解する方法を説明してるサイトです。超初診者さん向けサイトです。
スポンサーリンク
followしてね
hatenaをフォローしよう!お知らせが届きます

前回の復習(S面だけで等価球面する)

「乱視をS面で等価球面する」は、最小錯乱円の位置が同じ位置のレンズを見つけること
乱視をS面だけで等価球面する方法は、最小錯乱円を探すことです。
最小錯乱円は前のピントと後ろのピントの真ん中にあります。
例えば、S-1.0D:C-2.0DAx90°の場合。
1つのピントはS-1.0D。
後ろのピントと前のピントの距離が乱視なので、もう1つのピントの位置はS-3.0Dです。
ピントがS-1.0DとS-3.0Dだとわかると、最小錯乱円の度数がわかります。
最小錯乱円は2つのピントの真ん中
S-1.0D:C-2.0DAx90 °の場合、最小錯乱円はS-2.0Dになります。
この最小錯乱円の場所で、乱視は見ています

S-3.0D;C-2.0DAx90°をS面だけで矯正したい

そう思ったら、S-2.0 Dが正解です。

乱視をS面だけで等価球面すると、最小錯乱円の位置がS面の度数になる
ここまでイメージができたら、最小錯乱円をスッとイメージできるように、計算のコツをつかみましょう。
最小錯乱円の計算のコツは、乱視の半分の量をS面にたす。S面に乱視の半分をたすとピントは左に動くので、近視は強くなって、遠視は弱い度数になる。
たとえば
S-2.0D:C-2.0DAX90°
乱視は2.0Dで半分は1.0D。乱視の半分の1.0DをS-2.0Dに足します。足すと後ろのピントは左に動きます。
イメージしてみます。
最小錯乱円は前のピントと後ろのピントの間にあるので
S面で等価球面するために、最小錯乱円を計算しようとすると、後ろのS-2.0Dの位置が
乱視の半分、左に動きます
S-2.0D:C-2.0DAX90°をS面で等価球面しようとするとS-3.0Dになります。
あと2つ計算してみます。
S+3.0D:C-1.0DAx90°をS面で等価球面するには
乱視の半分である0.5Dを後ろのピントに足します。
足すとピントは左に動くので、遠視は少なくなります。
なので、S+3.0D:C-1.0DAx90°をS面で等価球面するとS+2.5Dになります。
つぎ。
S+1.0D:C-2.0DAx90°の場合は?
乱視は2.0Dなので、半分の1.0Dを後ろのピントであるS+1.0Dに足します。後ろのピントであるS+1.0Dは左に動く。
S+1.0D:C-2.0DAx90°を等価球面するとS土0.0Dになります。
詳しくは、「乱視のピントの位置と最小錯乱円-自覚的屈折検査の基礎②」にも書いているので、チェックしてくださいね。
スポンサーリンク

乱視を調整して等価球面するときは、どんなとき?

実際は、S面だけで等価球面するときだけではありません。

乱視を全部なくしてしまわずに、乱視を減らしたいだけなんだけど・・・・

そう思うときがたくさんあります。

・レフの乱視と自覚的屈折検査の乱視の度数が違うから、どちらが正しいか確かめたい
・ハンフリーやGPで矯正レンズを入れる時、そのままの付加度数ではレンズホルダーに入らない
・乱視があるメガネを処方をしたい

この場合は

乱視の度数を変えて、等価球面したいー!

そう思います。

乱視を全部とってしまうんじゃなくて、乱視の度数を変えて同じピントの位置になるレンズを探しす方法もあります。

スポンサーリンク

乱視度数を変えて、等価球面する基本イメージ

乱視の度数を変えて、等価球面するイメージを説明します。

まずは、初級編。

後ろのピントと前のピントの位置を書くと、こうなります。

ピントを1つにして、最小錯乱円の場所で等価球面するイメージはこうですが

そこから、乱視度数を変えるイメージがこれです。

最小錯乱円をイメージしてから、もう1度、前のピントと後ろのピントを動かす。

乱視度数を変えるときは、最小錯乱円の場所から、同じ距離だけピントを左と右に動かす

これが、乱視度数を変えて等価球面するときのイメージです。

最小錯乱円の場所は同じままです。

実際の度数で、最小錯乱円から等価球面する

実際の度数で、最小錯乱円を考えて等価球面してみます。

S-1.0D:C-2.0DAx90°

度数のイメージはこうです。

S-1.0D:C-2.0DAx90°の最小錯乱円はS-2.0D。

最小錯乱円のS-2.0Dから、乱視をC-1.0Dにしたいとき。

まず、最小錯乱円をイメージして

ピントを最小錯乱円から前(左)と後ろ(右)に動かします。

C-1.0Dにしたいなら、0.5Dずつ前(左)と後ろ(右)に動きます。

前のピントはS-2.5Dで後ろのピントはS-1.5Dになります。

S-1.0D:C-2.0 DAx90°の乱視をC-1.0 Dにすると、S-1.5 D:C-1.0 DAX90°になります。

どちらも最小錯乱円の位置はS-2.0Dで同じ場所です。

乱視の度数だけを減らすと、ピントの位置がどうなるか考える

なんとなくわかったけど、S面はそのままで、乱視の度数だけを減らすのはダメなの?

乱視が大きくて困るんだから、乱視の度数だけ減らしたらいいやん。

S-1.0D:C-2.0DAx90°の乱視をC-1.0Dにしたいから、S-1.0D:C-1.0DAX90°にしたらダメなの?

その気持ちはわかります。

一緒に考えてみます。

S-1.0D:C-2.0DAX90°のイメージ

乱視だけを減らしたS-1.0D:C-1.0DAX90°のイメージ

後ろのピントの位置は同じで、乱視の幅だけが狭くなるので、前のピントだけが動いてしまいます。

そうなると最小錯乱円の場所が違う場所になります。

同じ度数の効果がある、等価球面レンズは最小錯乱円の位置が同じレンズです。

S-1.0D:C-2.0DAx90°の最小錯乱円はS-2.0Dで

S-1.0D:C-1.0DAx90°の最小錯乱円はS-1.5D

最小錯乱円の位置が変わるので、同じ度数にはなりません。

等価球面=最小錯乱円が同じ位置にあるレンズ
最小錯乱円を意識して、最小錯乱円の位置が同じ場所になるレンズを考えることがポイントです。

練習問題で、最小錯乱円から等価球面をイメージする

なんとなく、等価球面のイメージができてきたと思うので、実際の度数で最小錯乱円から等価球面をイメージする練習をします。

S-1.0D:C-2.0DAx90°乱視をC-0.5Dにしたときの等価球面は?
S-1.0D:C-2.0DAx90°のイメージ
最小錯乱円はS-2.0D。

最小錯乱円がわかったら
最小錯乱円の位置から前と後ろにピントを動かす
動かす度数は前と後ろに動かしたい乱視の半分づつです。C-0.5Dにしたいなら、0.25Dづつ前と後ろに動かす。
前と後ろのピントの位置はS-2.25DとS-1.75Dになります。
S-1.0D:C-2.0DAx90°をC-0.5Dで等価球面するとS-1.75D:C-0.5 DAx90°になります。
S+2.0D:C-1.0DAX90°乱視をC-0.5Dにしたら?
S+2.0D:C-1.0DAx90°のイメージ
最小錯乱円はS+1.5D。
最小錯乱円がわかったら
最小錯乱円の位置から前と後ろにピントを動かす

動かす度数は前と後ろに動かしたい乱視の半分づつです。C-0.5Dにしたいので、0.25Dづつ前と後ろに動かす。

前と後ろのピントの位置はS+1.25DとS+1.75Dになります。
S+2.0D:C-1.0DAx90°をC-0.5Dで等価球面するとS+1.75D:C-0.5 DAx90°になります。
S-2.0D:C-3.0DAX90°乱視をC-1.0 DにしたいときはS面は何Dにしたらいいでしょう。
S-2.0D:C-3.0DAx90°のイメージ
最小錯乱円はS-3.5Dです。

最小錯乱円を計算するときは、3.0Dの乱視の半量の1.5DをS-2.0Dにくわえます。

ピントは左に動くので近視の度数は強くなります。

S-2.0Dから1.5Dマイナスを強くする。S-3.5Dが最小錯乱円の場所です。

最小錯乱円がわかったら

最小錯乱円の前と後ろにピントを動かします。C-1.0Dにしたいので、0.5Dづつ前と後ろに動かす。

前と後ろのピントの位置はS-3.0DとS-4.0Dになります。

S-2.0:C-3.0DAx90°をC-1.0Dで等価球面するとS-3.0D:C-1.0 DAx90°になります。

S+1.0D:C-2.0DAx90°乱視をC-0.5Dにして等価球面してみましょう

S+1.0D:C-2.0DAx90°のイメージをします。

最小錯乱円はC-2.0Dの半量をS+1.0Dに加えてピントを左に動かすので、S±0.0Dの位置です。
最小錯乱円から変更したい乱視度数のピントを動かします。
C-0.5Dにしたいので、0.25Dづつ最小錯乱円から前と後ろにピントを動かします。
S±0.0Dから、ピントを0.25Dづつ動かすと、S+0.25D:C-0.5DAx90°になります。
S+1.0D:C-2.0DAx90°の乱視をC-0.5Dにして等価球面すると、S+0.25D:C-0.5DAX90°になります。
S+2.0D:C-3.0DAx90°をC-1.0DにしたいときはS面をどうしたらいいでしょう
最後の問題です。
S+2.0D:C-3.0DAX90°のイメージをします。
最小錯乱円を考えます。
最小錯乱円は、S+2.0Dに乱視の半量の1.5Dを加えてピントを左に動かします。

最小錯乱円はS+0.5D

最小錯乱円から乱視を1.0Dにしたいので、ピントを前と後ろに動かします。

ピントを0.5Dづつ動かすので、前のピントはS±0.0Dになって、後ろのピントはS+1.0Dになります。

S+2.0D:C-3.0DAx90°をC-1.0Dで等価球面したいときは、S+1.0D:C-1.0DAx90°になります。

イメージ少しづつできたかな。

まとめ

今日のポイント

・最小錯乱円をイメージしてから、等価球面するイメージがわいてきた
次回の予定
・1回で乱視の度数を変えて等価球面する方法
・実際に等価球面を計算してみよう

等価球面、できるようになるかも!等価球面が大切って知らなかったよー

そう思ったら、続きをよんでくださいね。

LINE、Instagram、Twitterしてますので、フォローしてくれたら嬉しいです。

followお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました