0.1以下の視力を測る方法

視力検査

視力検査をするとき、視力表の1番上が見えたら0.1が見えるということ

LED視力表 ミルカⅡ|イナミ

0.1が見えれば、視力表の0.2 0.3が見えるかを測ります

視力表の1番上が見えないよ

0.1以下の視力を測るときに使うのが、手持ちの字ひとつ視力表。単独視力表とも言います。

児童生徒の視力測定の手引き

手持ちの字ひとつ視力表の使い方は①②どちらがいいと思いますか。

  1. 視力表の場所から、患者さんが「見える」という場所まで近づいていく
  2. 患者さんの前(0.01の場所)から見えなくなる場所まで離れていく

患者さんの前から、少しづつ後ろに下がっていくといいよね

なんでー?どっちでも同じゃないの?

そう思ったら続きを読んでね

スポンサーリンク
followしてね
hatenaをフォローしよう!お知らせが届きます

視力は見える場所から見えない場所へ測るもの

視力を測るときは視力を3つに分けて考えます

  • 0.1~1.2
  • 0.01~0.09
  • 0.01以下
眼科初心者さん必見!視力の見かた・視力ってなんだ?を解決する
眼科でカルテに書かれている視力の結果。眼科で働きはじめると、初めて見る視力の記号に戸惑うことがあります。眼科で働き始めた初心者さん向けに、視力の表し方についてお話します。
  • 0.1~1.2→視力表を使う
  • 0.01~0.09→字ひとつ視力表を使う
  • 0.01以下→光覚か手動弁か指数弁

3つに分けた視力の中で見える場所から測りはじめて、見えなく場所まで測ります。

  • 0.1~1.2→0.1から1.2の順で測る
  • 0.01~0.09→0.01から0.09の順に測る
  • 0.01以下→光覚は光覚があるかないか測る、手動弁が見えたら指数弁を測る
0.01が見えないときの視力の測り方(指数弁・手動弁・光覚)
視力が0.01が見えないとき、指数弁と手動弁、光覚があるかないかを測ります。初心者の人でもわかりやすいように、手動弁と指数弁と光覚検査の測り方を説明します
視力検査の基本は、確実に見える視力から測り始めて「見えない」と「見える」の境目を見つけることです

スポンサーリンク

0.1以下の視力は0.01から測る

視力の基本は確実に見える視力から測り始めて「見えない」と「見える」の境目を見つけること

0.1が見えないときは、0.01から測り始めて見えない場所を見つける方法がベスト
  • 0.01は眼前50センチ
  • 0.02は眼前100センチ
  • 0.03は眼前150センチ

0.01~0.09の視力は50センチで1つ視力が変わります

測り方は、50cmの位置で字ひとつ視力表のランドルト環の切れ目が見えるか確認してから、50cmづつ後ろに下がっていきます
スポンサーリンク

50cm間隔で床に印をつけておくと便利

0.1以下の視力を測るときは、半歩さがると50センチになるように自分の足の歩幅を練習します

床に50センチ間隔でビニールテープで目印をつけておくと便利です。

字ひとつ視力表を持ちながら、半歩さがって50センチになるように練習して身体で50センチを覚えましょう。

テープの印を見なくても測れるようになります。

0.1以下の視力を測るとき、字ひとつ視力表の使い方

測り方はわかった!でも実際に0.1以下の視力を測ってみると、字ひとつ視力表の使い方が上手くできない・・・

そう。0.1以下の視力を測るとき、字ひとつ視力表を使うには練習が必要です。

  1. 患者さんの50cm前に出す
  2. 半歩(50cm)後ろに下がる
  3. 後ろに下がりながら、字ひとつ視力表を自分の身体の後ろに回す(身体の前でもOK)
  4. 自分の身体の後ろ(か前)で字ひとつ視力表の方向を変える
  5. 患者さんの100cm前に字ひとつ視力表を出す

④のときにスムーズに字ひとつ視力表の方向を変えるために、字ひとつ視力表の角(かど)を持っておくとやりやすいです。

これが、なかなか難しい。

0.01、0.02、0.03・・・と進んでいくときに、全部「上」が出てしまうとダメなので、半歩下がりながら、自分の後ろで字ひとつ視力表の方向を変えます。

モタモタしてると

この人検査に慣れてないのかな

患者さんが不安になってしまうので、0.1以下の視力を測るときはスムーズに字ひとつ視力表を扱えるように練習しましょう。

私は字ひとつ視力表を後ろで回すときもあるし、前で回すときもあります。角をもってクルクル回して、回すたびにランドルト環の切れ目が変わっていることが大切です。

得意な方で練習してみてください。

実際に0.1以下の測り方を想像する

視力の原則は3つ
①「見える」から「見えない」に向かって測る
②上下・左右、どちらの方向も見えている
③5つのうち3つ見えれば視力としてOK

この原則を頭に入れながら、0.1以下の視力を測る場面を想像してみましょう

0.01→上 見える
0.02→右 見える
0.03→下 見える
0.04→左 見える
0.05→上 見えない

①の「見える」から「見えない」に向かって測る→OK

0.05が見えないので、0.04にもう一度戻ります

②上下・左右、どちらの方向も見えている

0.04は「左」が見えていたので、上下方向の「上」か「下」が見えるかを確認します。

0.04が「左」も「上」も見えれば、上下左右どちらの方向も見えるということです。

③5つのうち3つ見えれば視力としてOK

「左」と「上」が見えたので、「右」か「下」を出します。

「右」か「下」が見えれば視力は0.04に決定です。

余談・・・この記事を書きながら自分の検査を振り返ってみました。実際には、0.1以下の視力を測るときは「上」「左」見えたら終了としているときもあります。上下方向と左右方向、どっちも見えている、ということには注意しています。でも、5つのうち3つ見えれば視力という③の項目はあまり守っていないかも。正確に0.06なのか、0.07なのか知りたいときには3/5も注意して視力を測ります。以上、理想と現実でした。

まとめ

視力の原則は3つ
①「見える」から「見えない」に向かって測る
②上下・左右、どちらの方向も見えている
③5つのうち3つ見えれば視力としてOK
0.01から測り始めて、0.02、0.03、0.04・・・と50cmづつ離れていきます。ランドルト環の切れ目が見えなくなったら、50cm戻ります(近づきます)。
上下方向、左右方向、どちらの切れ目もわかったら視力とします。
0.1以下の視力を測るときは、字ひとつ視力表の動かし方を練習しておく必要があります。意外と難しい。同じ方向ばかり出さないようにしましょう。後ろに下がりながら、字ひとつ視力表を回す練習をしましょう。
字ひとつ視力表は、角の部分を軽く持って、身体の前か後ろでクルッと回しましょう。回すたびにランドルト環の切れ目が変わっていることを確認しましょう。

今回は、0.1以下の視力の測り方についてお話しました。字ひとつ視力表クルッと上手に回せるように練習してね。何かのヒントになればうれしいです。

followお願いします!
hatena

視能訓練士。このサイトでは眼科で行う目の検査のことを、初心者さんむけに解説してます。目の検査の方法がわからない、と不安な方のお役にたてればうれしいです

hatenaをフォローしよう!お知らせが届きます
視力検査
スポンサーリンク
スポンサーリンク
はてなと目の話-視能訓練士のつぶやき‐

コメント

タイトルとURLをコピーしました